【復縁考察】自己反省の方法-交際の歴史を振り返ろう!

復縁考察

皆さんこんにちは。せんさんです。

この記事は以下の人にお勧めです。

  • 復縁活動を始めようとしている人
  • 復縁活動って何をすればよいの?と考えている人
  • 復縁活動中の人
  • 復縁活動が不安になっている人

復縁しようとしている人には皆さんに読んでもらいたいです。

せんさん
せんさん

復縁のための5ステップの1つです。

因みに復縁のための5ステップはこちらの記事にまとめてますので、ぜひ読んでいただければと思います。

自己反省ってそもそも何なのか

自己反省とは自分を見つめ、自分の問題点を見つけ出すことです。

誰もが付き合う時、何かしらその人の良い部分に惹かれ、付き合うことを決めます

対して別れを選ぶときは何か嫌な部分があり、それが積り積もって別れを決意するのです。

  

「出会いは突然に」とは言いますが、「別れは突然ではない」のです。

私もよく復縁に関して相談を受けるのですが、皆さんよく言われるのが

「突然、別れを告げられました。」

「急に距離を置きたいと言われた。」

ということです。

 

もちろん別れの起爆剤は喧嘩であったりと突然起こることはあるでしょう。

ただそれまでの付き合いで何かしらお互いに不満に思うことがあり、

積り積もった結果爆弾が爆発し、別れを決断してしまうのです。

 

そのため自己反省では

「自己反省」で行うこと

・自分を見つめ、自分の長所、短所を考えること。

・元カノ(元彼)の気持ちを理解すること。

・反省をもとにどのように自分磨きをするのかを考える原点とすること。

これらを行っていきます。

その方法1として「交際の歴史」を振り返るということをやっていきましょう!

「交際の歴史」を振り返る

この「交際の歴史」を振り返る目的は

「交際の歴史」の3つの目的

・元パートナーがあなたのどこを好きになったのかを知る

・元パートナーがあなたのどこが嫌で別れを決意したのかを知る

・元パートナーが何を望んでいたのかを知る

・自分が何を望んでいたのかを知る

・本当に復縁することが自分の幸せにつながるのかを考える

以上のために行います。

「交際の歴史」を振り返る方法

  • 紙とペンを用意する。
  • 年表の枠を作る。左から順に「いつ」「どんな時」「どんな出来事」だったのかと3つに分割をする
  • 上から順に「元カノと出会ったとき」→「別れるまで」の時系列で記憶を思い出しながら書き込む(できるだけたくさん)
  • 年表を見ながら、
    「相手が自分のどこが好きになったのか」、
    「自分のどこを嫌いになったのか」、
    「相手は何を望んでいたのか」
    「自分は何を望んでいたのか」を書き込む
せんさん
せんさん

参考までに私が作成した一部を下に記載します。

いつどんな時どんな出来事
付き合う前サークルでイベントの時お兄ちゃんみたいで頼りがいがあると言ってくれた
付き合って1年ごろ一緒に買い物行っているときこれ良くないって聞いたことに対して、頻繁に否定的な発言をしてしまった

上記の年表を参考にして反省をするならば、

1つ目の出来事は「私の優しいところや包容力に惹かれた」

2つ目の出来事は「よく考えず元カノを否定していた。否定しがちな姿勢に嫌になった」「元カノは否定ではなく同意してくれることを望んでいた。

上記のような形で反省をしていきます。

 

このワークをすることであなたと元パートナーさんとの関係性を言語化できます。

この言語化することが今後の自分磨きでどのように行っていくかの指標になります。

時間をかけてじっくり行ってください。

せんさん
せんさん

私は1週間くらいずっと書いてました。

正直仕事中も思い立ったら紙に書き込んでいました笑

 

例を見てもわからない人のために、例を記載しておきます。

  • どのように出会ったのか
  • 自分は元パートナーのどのようなところに惹かれたのか
  • 元パートナーはどのようなところに惹かれたのか
  • どんな時に楽しいと感じたのか
  • どんな時に辛いと感じたのか
  • 元パートナーの態度が変わった出来事は
  • 付き合う前と付き合った後、付き合う中での元パートナーの印象の変化
  • 2人の生活のどんなところがストレスだったのか
  • デートの過ごし方

自己反省「交際の歴史」を行った後

交際の歴史を追うことによってどんな関係性であったかが分かりました。

せんさん
せんさん

おつかれさまでした!

次回は「交際の歴史」を参考に「別れの理由」を知るワークを紹介します。

何度も書きますが、この自己反省は復縁活動の中でも非常に大事なパートになります。

せんさん
せんさん

ついてこれてますか?大変ですが頑張りましょう!

今後皆さんが改めて心から恋愛をするために、自己の言語化というのは必要不可欠になります。

アメリカの哲学者”ジョン・デューイ”さんは以下のように述べています。
“We do not learn from experience… we learn from reflecting on experience.”

“私たちは経験から直接学ぶのではなく、経験に対して反省することによって学ぶ”(拙訳)

(Measure what matters p.124)

感情や経験は抽象的であり、言葉を使って具体的に表現することで、
自分の考えや感情を整理し理解する手助けをしてくれます。

自分を見つめ、さらに輝くために一生に頑張りましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございます。

それでは次回も読んでください!それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました